投資は、会社員、自営業、主婦、学生など様々な肩書の人が行っています。目的は、稼ぎたい、株主優待が欲しい、運用先として、などがあります。投資はどこか「怖い」というイメージはどうしてもありますが、むしろそのくらいの姿勢を持っていればリスクを減らせるものです。あなたも投資に興味を持ちましょう。

投資でお金を増やすには

資産や持っているお金を増やすために、普通に働くだけではなく投資というやり方に手を出す人もいます。投資では必ず利益が出るというものではありませんが、うまく行けばお金を増やすことができるのです。まず、投資でお金を増やす方法の一つは売買益です。これは株や外貨などの様々な権利や土地・建物、金や銀などが当てはまり、基本的に安く買って高く売るその価格の差が利益になるというものです。もちろん利益が出ない場合もあります。もう一つは配当です。これは株や投資信託などでよくあり、持っていることで所有している分から一定期間に一定額が支払われます。株の配当の場合は一年に一回程度、一株あたりいくらという価格で出ることがあります。これは所有していることで利益が出ます。投資信託などの場合は半年に一度、毎月配当があるものもありますが、配当回数が多ければ大きいほど手数料などがかかりがちです。そして貸すことによる利益もあります。これは貸株と呼ばれるものであり、持っている株を借りたい人に貸し出すことで利益になるのです。また、マンション投資や不動産投資をするとき、マンションなら貸すことで毎月家賃収入があるでしょうし、土地を貸したら毎月の賃料収入などが見込めるでしょう。最後に利息がつく場合です。これは特に債権が当てはまります。債権の場合は利息がつきますので、一定期間使わないお金があり、一定期間お金を貸したいというのなら適しているでしょう。ちなみに投資でということなら、ノウハウが利益を生む場合もあります。どのようにすれば利益が出るか、という情報は価値がありますから、欲しがっている人は多いものです。利益を多く出している人なら、そのノウハウを売ることで利益を得ている場合もあります。