投資は、会社員、自営業、主婦、学生など様々な肩書の人が行っています。目的は、稼ぎたい、株主優待が欲しい、運用先として、などがあります。投資はどこか「怖い」というイメージはどうしてもありますが、むしろそのくらいの姿勢を持っていればリスクを減らせるものです。あなたも投資に興味を持ちましょう。

良い投資と悪い投資

投資にも良い投資と悪い投資があるのをご存じでしょうかまず悪い投資とはギャンブルのようなやり方をすることです。例えばFXの場合でしたら高いレバレッジをかけることになります。高いレバレッジをかけると利益が出たときにその利益も倍増するというメリットがあるのですが逆に損が出た時も倍増してしまいます。このようなやり方をするトレーダーも実際にいますが経験豊富なプロでこそできることであり一般の素人の場合うかつに手を出してはいけないやり方なのです。確かに読みがたまたま当たっていれば大儲けできますがこのやり方はギャンブル以外以外何者でもありません。また短期取引をしたり、トレンドに逆らった投資などもあまりいいとは言えません。勿論これらも一つのやり方として存在しますがやはり素人が手を出すものではないのです。逆にいい投資とはきちんとリスクヘッジをした上でのやり方になります。まだ経験の浅い素人の場合はこれを念頭に置いてしなければいけません。プロの場合でも豊富な知識を基にしてできるだけリスクを減らした上で投資を行っています。具体的にはレバレッジをそれほどかけず長期保有をすることを指します。この方法でも勿論損のリスクが無いわけではありませんがレバレッジが低ければ万が一の損が出たときにも赤字を最大限に少なくできますしマージンコールに引っかかって強制的に決算されることもありません。また長期保有をすれば利息が付くなどのメリットもあり、定期預金のような利益を得られるのです。あとできるだけ複数の銘柄や通貨を買うこともリスクヘッジになります。投資額を少なくしたほうがいいというよりもリスクの少ないやり方を徹底することが大事になります。